◇装備グッズ選びのポイント

★頭部

★目・顔面

★首

ストール
ストール

★身体

★インナー

★手・腕

★腰まわり

★ひざ

膝あて・ニーパッド
膝あて・ニーパッド

★足元


これらを着込んだアナタが取るべき行動は

逃げ出しながら「呼びかける」か、呼びかけながら「逃げる」か!

率先避難につながるのが、活動服やグッズを持っている方々にしかできないことなんです。

「平成29年九州北部豪雨」「平成30年7月豪雨」では、意識の高い方々による気象監視と警戒により、後に水害に見舞われた部落の住民が救われたケースがあります。東日本大震災時の津波も同じです。津波の発生を危惧した方が着替えを終えて、即時にその周辺へ「にげろ~」を伝令したんです。

逃げ出したなら

逃げおおせれば、次なる「誘導」などを逃げた先で集まる方たちと協力して行います。

落ち着けば

その場の方々と意見を交わしながら、避難生活への準備に取り掛かります。

先ずは、その場にいる方々を知る工夫をとり、持病や必要な品々をリストアップしながら、要看護などの条件を見極めての生活区域を設定していきます。


ここで当初の問題が持ち上がる

着るものなくて困った

人は裸じゃ動き回れません。

ならば予備服も含めてセットアップできる、その時のためだけじゃなく、平時にも使える素材で作らないといけないのですよね。

ならば、軍用技術を用いて作ってしまえ~!!

軍用技術の高いところはどこだ~~~??

 

ということで、無謀な企画をたてて

皆さんに目を向けていただこうとの計画です。

3着セットアップは3着目が・・・3000円なんです。

代理店さんも巻き込んでのフェア。

ショップサイトで展開しましたので、「防災服」「災害服」「活動服」で検索いただくか、下部のショップサイトにアクセスなさってください。

民間防災ショップ
民間防災ショップ
防人司の防災ユニフォーム
防人司の防災ユニフォーム
金沢防災服
金沢防災服