ユニフォームや防災服・災害服といった活動服をお作りになる方へのアドバイスゾーンです。

 

「民間防災 防人司オフィス」の製品をご利用いただくことも可能です。

自分流カスタマイズへは、トレードマークやプリントパッチでオリジナリティを求めていけます。

 

刺繍パッチの製作もお手伝いいたしておりますので、先ずは母体となるユニフォームの必要性をご覧なさってくださいませ。


身なりで動きが伝わることを実感!

着てるもので役割をあてがえられる。

警察官も消防士もナースや町会長も、誰に相談していいのかわからないくらい「ごった返し」と課題を抱えてしまいます。

 

その場に人が集まり、情報が集まり、采配がスムースにしてくれたのが、なんと役務を知らせられる「ユニフォーム」だったのです。

1995年 阪神淡路大震災

カジュアルメーカーで特注したシーチングのレスキューオレンジ。

当時のスタッフ分しか作らなかったオリジナルです。

パンツの機能が多くあり、オールシーズンに対応した製品。

ポリエステル65%

コットン35%



2001年 ネイビーシリーズ(USAアトランコ社製)

平時、常に着ておけるタイプが必要で、女性対応型としてアトランコのBDU(バトルドレスユニフォーム)に着眼しました。

ネイビーカラーはアトランコとロスコが発表していますが、リップストップ生地はトゥルースペックが最上級の素材とあって、輸入を試みました。

アメリカNYPDのSWATが採用したバージョンで、価格がなんと上着が21000円、パンツが19000円のセットなんです。

サイズはXXSレギュラー~Mレギュラーを取り寄せ、XXSでレディス、Sサイズで日本のMサイズとなります。

USサイズはかなり大きいのが特徴ですね。

 

いつどこで災害に見舞われてもいいように現在でも日常着として着用しています。

防犯活動時にはネイビーカラーが活躍しますね。


2014年 レスキューオレンジパンツ

1995型上着に合わせたパンツを新調しました。

レスキューオレンジという特殊カラーを色あわせし、生地を肉厚のドライウエアへ変更。

生地面積を積算しての数量分のみの縫製です。

ベトナム縫製

静電気防止キャンパス素材

ポリエステル65%

コットン35%

セイフティリーダーも採用
セイフティリーダーも採用
このパンツがいい と絶賛されている中村さん(中)
このパンツがいい と絶賛されている中村さん(中)


上着が破損するまでは、災害時の活動服はこれが基本スタイルとなります。


初期型(1995型)の上着がセットできないため、パンツ縫製メーカーにて特製されたシャツジャケットをセットアップして、あらたな活動者さんに採用していただきました。

東京救助犬協会さん、セーフティリーダーさん等

東京の救助犬は女性の活動服として採用
東京の救助犬は女性の活動服として採用

2016年 オーダーメイド海外縫製のルートを開通

USサイズでは日本人には合わない。

そこで、生地繊維の中心国であるシルクロードチャイナの軍服工場で予約縫製の方法を構築しました。

軽量ドライウエアで、ほぼオールシーズンタイプのBDUスタイルの活動服です。

国際救助隊のユニフォームでも使われている「オックスフォード」素材を使って縫製します。

非常時に「着て寝られる服」がコンセプトです。

サイズダウンで女性にも対応させてみた
サイズダウンで女性にも対応させてみた

2017年 カラーバージョンを追加

非常時に活動する方々の色分けも必要で、簡単に自分流カスタマイズが出来る方法としてベルクロを多くしてトレードマークで見せられるように工夫してあります。

個別でカスタムを作るよりコストは低くなる雛形縫製法を工場に伝授した製品です。

作り置き製品ではないことで、生地寿命も延命できます。

上着もフロントボタンとし、通気も求めてあります。

縫製は特殊で、裏側がリップストップの織り目となります。

カラーバージョンは過酷な現場使用となります。

ジッパーとボタンでどちらを使うか迷いました。

結論として、ジッパーは金具が破損すれば着衣自体が使えなくなる。

ボタンとすれば、一つ取れても使える。ということで、ボタン仕様としてあります。

オーダーメイドでアナタのためにお作りいたします