防犯防災ひっくるめて「危機管理」ビジネス学科

学び舎は学生だけではなく、社会に出てからも必要で、年齢も性別も関係がないのが「災いを防ぐ」行為です。

犯罪も交通事故も年齢や性別も狙って襲っては来ません。

そういった何かキッカケを欲している方や、ひらめきと気付きがある人を「民間防災」の後継者になっていただきたいのです。

その人をこさえる仕組みが「民間防災のQCサークル」です。

 

シナリオも何も作ってありません。

お題を投げかけて自分の頭の中の引き出しを整理していく手法です。

そうやって、自分ができる方向性を見極めていけるように仕向けてあります。

ぜひ次の担い手になってみてくださいね。

 

危機管理ビジネスゾーンは「民間防災 防人司オフィス」が担当いたしております。


防犯防災で使えるアイディアの提供へ

災害だけならば「サバイバルグッズ」や「ミリタリー製品」の応用で構わないのですが、犯罪系を対応するときは市販品だけでは限りがあります。

自動車一つを取り上げても、自助のための盗難防止装置ですら解除する装置があったり、記録装置もバッテリー直結じゃないと常時電源にはなりません。

こういった保安装置に預け過ぎている実態もあるのです。

 

ならば、アイディアで対抗していくのもアリな世界ですよね。

そして業界とコラボで製品化へ

OEM

独自製品などの企画・発案元として立ち位置がある「民間防災」。

世界での犯罪対策品やそれこそミリタリー製品を輸入できないかと考えて着手してみました。

そういった特殊な製品をOEMで提供していこう。そして、被害に遭う前にみなさんのビジネスに取り込んでもらい、万一、被災したならば被災後の生活手段としても使ってもらおう。

災害時の支援品としても取り扱っていただけるように仕掛けました。

この企画は「協賛金制」でご参画いただけます。

 

危機管理ビジネスゾーンは「民間防災 防人司オフィス」が担当いたしております。


安心と安全はタダではなくなった 特殊加工品の製造へ

防災ビジネス&危機管理ビジネス

活動服類の「各県 代表取り扱い先」を募集します

国の「経済活性化事業」として、自治行政からの入札や見積もり合わせへの対応で、各行政区単位に1箇所(1店舗・おひとり様)のみが代表取り扱い先となります。

一都道府県に1件のみのプレミアム

どの業界も同じ条件で展開なさっています。

 

我が「防災ビジネス」もこのタイミングで皆様のお姿を見せておかないと間に合いません。

 

大量受注のタイミングを逃すことなく、今まさに!を展開なさってくださいませ。

防災とは・・・

直訳すれば「災いを防ぐこと」です。

しかしそこには奥底がありますよね。

 

そう、禍いに見舞われても日常の生活ができること立ち直りが早いこと

この環境づくりには「国土強靭化」以前に、「人の強靭化」が必要なんです。

そこで「防災服・災害服・活動服」といった、その時だけではなく、訓練時からスタンバイさせておく品々を「経済と強靭化」の両面で活用することにしました。

この情報を得た方は、以下のアドレスにお名前と住所などを併記なさってお問い合わせください。

sakimori_tsukasa@yahoo.co.jp