⑬災害時の下着


特に女性を対象に、震災と風水害を例えて説明します。

結論から書き添えますが、普段使っているオシャレな下着は、避難生活では使えません。

着替が無い以上は、ずぶ濡れになっても、脱ぎ捨てることもできません。

 

非常用にはスポーツブラのドライタイプとドライショーツを準備ください。

 

それと、シーズンにも気を回してくださいね。

ドライ製品には、夏のクールダウンと、冬のヒートテックがあります。

年輩者も使える、ガードルタイプもありますので、着眼なさると良いでしょう。

 

さて、ドライ製品は名のごとく乾きが優先。手洗いした後、通気だけでも乾きます。

機能的に抗菌タイプが多く、体臭のしにくいものが大半です。

ここも重要で、色っぽい下着では干場に困りますし、避難所であれば、その場を離れられなくなります。

 

保管は、ジップロックに内容物名と使用者名のメモを添えて、家族分用意ください。

 

着替には「ポンチョ」を

ひざ下まで隠れる、不透明な「ポンチョ」を一緒に仕込んでおきます。

 

濡れ身の時は、ポンチョを裏返してかぶってください。

かぶった状態で、下から順に着替え、上着は首元まで持ち上げて、一旦脱ぎ捨ててから新しい下着をかぶり、中に入れて行きます。

ポンチョを使った着替え方は、セットなさった時点で試してください。

 

ただ難点が一つ

体が湿っていると、ドライ製品は着にくいということです。

と考えれば、バスタオルの大きさまではいらないにしても、体の水分をぬぐえるタオルは必要となります。

 こうやって、掘り下げて行くのが「想定」につながるってことですね。

 

下方には2017年時点での製品を紹介しておきます。

◆ドライウエア

◆ポンチョ

ポンチョは寝るときの「寝袋」の代用にもなりますよ。


誰もが、避難者となり得ます 「セイショップ」さんより)

 

★私たちは、ニオイに敏感です。阪神淡路大震災(1995年)後の避難生活では、衛生面や精神面に配慮して、お風呂(公衆浴場)が準備されている避難所もあります。ただ、これらの施設でも、発災直後から毎日の入浴が可能な施設は稀です。また、多くの避難所では水が貴重なため、使用に関しても制限があります、毎日の洗濯もままなりません。このような中での至近距離での生活が、一般的な避難生活です。個人差はありますが、私たち日本人は、特に体臭に対して敏感です。普段から敏感なものが、非常時には違うという道理はありません。

★ニオイの気になる避難所へ、あなたは何を着てでかけますか?  

避難所に着ていくインナーとして、消臭アンダーウェアのデオエストをお薦めいたします。30秒でニオイ消し、100回の洗濯に耐え、加齢臭・汗・ワキ・足のニオイ、オナラ・排泄のニオイを徹底カット、40万個の菌を約100個まで減少させる強力な抗菌機能を持つため、普段から使用して、避難所に着ていくインナーウェアとして大変優れた機能性下着です。

 

http://www.seishop.jp/equipments/fashion/deoest/men/

http://www.seishop.jp/equipments/fashion/deoest/women/