防災とボランティアの関係


先ずは「防災とボランティア」について、大きな枠組みと関係をご紹介します。

 

災害が発生した後、救難・捜索といった公的機関以外にも、「互助」や「援助」といった支援を行う、民間の活動者の総体を防災ボランティアといいます。

災害の規模が大きいほど、多くの活動者が継続的に必要となる事で、全国的にも「災害時支援ボランティア」の枠組みで、活動体が構築されています。
しかも、自らが被災しながらも、「被災地行動」を行う人たちも居るのです。

さて、その活動と防災の関係とは…


【防災ボラなの?災害ボラなの?】


正式な区分はなされていませんが、内閣府と民間防災では「防災ボラ」総務省では「災害ボラ」を総称として使っています。

 

実情をみますと、災害発生後に支援として動く活動者の方が、日頃から「防災活動」を行っている活動者より数百倍多くなります。

 

それだけ発生後には多角面での支援が必要だという事なのです。

 

しかし、日頃から事前対策となる予防や減災・抑止などを行っていませんと、それこそ犠牲者が増えてしまいます。

そこで、スタート地点「防災」(=「事前対策」=「減災」)とされているのです。

また、これらの行いは活動グッズにも影響します。何の準備もなく、手ぶらでは活動は出来ません自身が必要とするからこそ活動に使えるのです。

 

したがって「防災ボランティア」が総称で、「災害ボランティア」は言葉的イメージで、現場活動者に対し使う俗称ともいえます。

 

しかも、「災害ボランティア」では短縮されており、行為の意味合いからすれば、「災害時支援ボランティア」といった方が正確に伝わるでしょう。

 

最近は災害発生後の「災害時支援ボラ」活動が報道で良く取り上げられ、認知度も高いと思います。それだけ表面化する活動が多い事も要因なのでしょう。その反面、「防災」=「減災」活動は陰となり、なかなか表面には現れません。

 

では考えてみましょう。その支援者自身が被災した時、対策をせずしてその場で活動出来るのか?となると、それはケガなく生き残っている事で可能となるはずです。
となれば、「先ずは対策(減災)を施し、命落とさずして活動ができる状態にしておく事」=犠牲者にならない事がスタート地点であり、結論だという事です。
うなずいた方、ぜひ、『防災人』になって下さい。

 

結果、「防災」あっての「ボランティア活動」なんですねo(^▽^)o