民間で行ういをぐ活動

「民間防災」は国内に住んでいる全員がすでに「スタッフ」なんです。

【人は生きるために産まれてきた】

そのために侵害されれば【自分の身は自分で守る】

誰にも侵されない「自分達が生きて行く上での権利」なんです。

 


Prologue

  月はいったい誰のために出ている?

  暗い夜

月が出ているだけで「ホッ」とするんです。

 

時には「道しるべ」となったり

闇夜を照らす灯りになったりと…

 

やさしい灯りに照らされると

「ホッ」とするんです。


人は生きるために産まれてきた

人が生まれ持っている権利が「人権」です。

 

生きる上での絶対的で、誰にも犯されない「権利」なんです。

 

でも、生きることには苦難もあります。

 

その苦難には「多くの災い」も含まれます。

 

地震や火災、ドロボウや交通事故、病気。倒産やリストラ。

 

こういった「厄(わざわい)」が、

人それぞれに予想だにもなく降りかかってきます。

 

これらを「リスク」と呼びます。

 

人は皆、「リスク」を背負って生きているということです。

 

中でも、火事や泥棒、交通事故、自然災害といった生活に密接し、人命に直結する「災い」には、「自分の身は自分で守る」とされ、[各々で防衛・防御すること。]と位置付けられています。

 

その「意識」があっても、姿やカタチが見えません

 

「リスク」を認識しやすく、もっと馴染みやすく表現したのが【民間防災】という言葉です。

 

そしてその意識を目に見えるようにするために、企画や仕組みつくっているのがここ【総合企画室】です。


意識の可視化へ向かって

 想定する「災い」の内容や程度には人それぞれで温度差があります。

その頭の中をカタチにするため、全国の「防災人(防人)」たちを「民間防災」の起動役・船頭役に充てる事にしました。

 

そこで必要となるのが、各地での「灯台」役です。

 

この「灯台」こそが、「闇夜を照らす、月明かり」なんです。

 

「灯台」は、その地に潜む「災いを防ぐ」伝道師で、居住者を「安心・安全」へと導きます。

つまり居住先で「被害者も加害者も減らす」仕掛けを展開しているのが、「防災人(防人)」となっていきます。

 

先陣を切っていただく防人の方々は、「防ぐ」「守る」を実行してもらうために、様々な角度から仕掛け、さらに多くの「防災人」を作っていくことで、事故・事件・災害での「被害者ゼロ」へ近づけていきます。


「組織」より「意識」

先ずは「ひとり一人」の意識を開花。

これが「民間防災」のスタート地点です。

 

どうすれば、これに振り向いてくれるのか??

これを試行錯誤しながら、進めているのが、各地の「防災人(防人)」です。

 

しかし、世には「自分で自分を守れない」方も存在しています。

となると、援助のできる方たちも必要になってきます。

ここからが、「支援」という言葉に変わる瞬間で、次には志同じとする方々によるチーム化へ進めていけるのではないでしょうか。 


意識のある人たちを表面化するツールの開発

そういった「ツール」「グッズ」の販売もスタート!

非常時のためでもありますが、日常的に使える品物にしておきたい。

そして動く方自身の安全性も見える様にしておきたいのです。

 

「災いへの意識が可視化でき、連鎖するように」と、先ずは活動者さんの「存在」を衣服で見える様にしました。

それが「着るもの着ないで動けなかった」、「アナタは誰?何をする人??」を無くす、防災服や非常時に着るユニフォーム(活動服)です。

ここが活動者にとっての「自分で自分を守っておく」という防災の初歩で第一歩目で、周囲への手本となるように仕組んであります。

これすら出来ていない活動者は、そもそも事前対策も行っていない証しとなってしまい、行いも無駄になってしまう事を懸念して仕向けてみました。

通販で防災服や災害服

人気の災害グッズをお探しなら民間防災ショップで!


【総合企画室】は独創的な製品に目を向けています。

それも社会や非常時に不足している「穴」を埋めるために、どこも扱っていない製品を「オーダーメイド、ホームメイド、ハンドメイド、オリジナルメイド」でご提供します。

 

さらに、皆さん方の知恵をプラスできるように細工もなされています。

 

ひとつ言える事は、非常時のツールというものは日常で使っている、いわば使い慣れていて使い勝手を知っているからこそ使いこなせられます。

「使いこなす」までにもお時間がかかろうかと思いますので、早い段階でお手になさっておいてくださいませ。

危機管理と輸入

民間防災危機管理局【総合企画室】には実利がありません。

有益事業を立てる際は、危機管理ビジネスとして「防人司OFFICE」を収益の場として並走しています。

 

「防人司OFFICE」はここ民間防災危機管理局【総合企画室】が発想するアイディアをカタチにしながら皆さんの元へ「災いを防ぐ」ことをアピールさせて行きます。

民間防災の最終目標は

「防災人万人化」です。

今まで無頓着だった方々を巻き込むために、物販でお求めいただいた方やSNSを用いてPRを行っています。

 

アドバイス本ともいえる「火事だ!119!」の冊子や「D-Book」なども納品時に添付しながら万人へのアピールを行っています。

危機管理ブランド

意識をカタチにする製品類は、危機管理ブランド「民間防災」として発表してまいります。

民間防災も意識改革上での言葉に過ぎません。そもそも民間防災自体をカタチに見えるようにしておこうと考えました。