民間防災のアイディアをカタチに(危機管理と輸入)

うちは洋服屋じゃありません。

民間防災の発想を見えるカタチにするとこうなっちゃったんです。

 

意識をカタチにするため、手っ取り早く、衣装(ユニフォーム)系からとっついて来ていただき、姿を見える化させていく手法をとりいれました。

意図するところは

要所で必ず出てくるのが「意識は目に見えない」というところで、皆さん方のお姿を表面に出しておいてほしいのです。

「防人司」も1995年に紳士服(メンズカジュアル)では製造が規制されていた「レスキューオレンジ」のユニフォームをつくったんです。

当時は「国際救助色」として指定されていたため、普段着には使えなかったカラーなんです。

ちょうどこの時代に輸入条件の緩和などでベトナムや中国でつくるTシャツなどの衣類が国内流通に入ってきました。

現代では当たり前となりましたが、当時では国産生産量に勝る勢いで海外から手に入るようになったのです。

 

そいう時代に「レスキューオレンジ」をオリジナルでつくった活動体は民間防災オンリーです。

 

さて、独創は独走になったのでしょうか?!

この「レスキューオレンジ」を着て動きますと、背中に「民間防災ボランティア」と書いてあっても、「ちょっと消防さん!」と言いながら腕を引っ張られ、「これはまずいかな~ いや待ちや。これは色の意識が伝わってる証拠や!ちゃんと目に入れてくれてんねや。」と感じたんです。

それからですよね。メンズカジュアルのお店に「レスキューオレンジ」カラーが並びはじめたのは。

輸入物流やカラーリングのタイミング的にも「足がかりになったんだろうな~」とは感じています。

 

こういった経緯もあって、衣服(ユニフォーム)には必要性として色意味と動きが理解されるもの、そして着ている人自身が目に入れば安全にもつながる。こう感じ取ったんです。

「自分で自分を守っておく」を実践

先の件に付随しますが、「チーム」であろうが「個人」であろうが、「活動名称」を選定したならば「規約」は必要ですよね。

民間防災も「現金」を扱う事が出来ない規約になっていまして、そのために「団体口座」と「基金口座」を立ち上げてあります。

つまり「直接集金したり持ち込み現金をなくすことでお金の流れを明確にする」仕掛けなんです。

こうしておけば偏った見方をなさる方への防波堤ともなり、自分達を余計な嫌疑から守っておけるわけです。

当然ながら「公開口座」となる銀行口座を作る際にも、こういった規約が必要で、規約自体が活かされている証しが「基金や団体口座」という事ですよね。

ダイレクト購入

21世紀に入ってからというもの、廃品活用やリメイク素材に着眼しながら製品化に導いてきました。

当時からオークションなどにてお手になさった方も多いかと思います。

意外と手数料がかかっていたんですよね当時のヤフオクって。

近年、こういったオリジナルサイトが出来るサービスも発達しまして、機能も充実してきましたし、何よりSNSとECショップの発展で物流問題にまで進展するほど、通信販売の世界が見る見るうちに昂揚してきました。

 

そもそも民間防災には防人司が培ってきたアイディアが入っている品々も多くありまして、このホームページにもショップが作れるという事で、なおかつ「手数料も低いのであればその分サービスを充実できるであろう」と感じまして、この場でダイレクト購入のコーナーを立ちあげようと考えた次第です。

2階層目から製品購入ページとして展開いたしますので一度ご覧なさって下さいませ。

基本法は国際取引に関する法律に準じます。

企業法人の方々でご購入をお考えの方は「総代理店」または「代理店」へご依頼下さいませ。

 

「危機管理と輸入」につきましては、「防人司オフィス」にて実践型にて輸入学を学べるシステムになっております。

受講中には買い付け販売を行っていきますため、受講料を物販でカバーが出来るスタンスです。

そこで発生する「危惧すること」や「国内法」「航空法」「関税法」といった関連規則も知っていただけ、危機管理へと合流させて行く手法です。

 

学びながら収益を得ることで、『無店舗での開業』ができる独立開業へも向かって頂ける大きな要素が魅力となっております。被災後にはご自身のお仕事として生計を成り立たせることを目的にシステムアップしてみました。

 

また、総代理になっていただければ「危機管理ブランド民間防災」の独自製品なども手掛けられ、自治行政の入札対応も可能となっていきます。

なんといってもこて先に小売さんを作って行けるため、取り扱い品の回転効率も非常にスムースです。